タグ別アーカイブ: OpenStreetMap

OSMを利用した人口推計


政府統計の総合窓口e-Statでは500mメッシュ人口が公開されており、横浜市の統計GISでは250mメッシュ人口が公開されています。しかし、それ以上精細なメッシュ人口のデータは一般には公開されていません。
そこで、OpenStreetMapの建物データを利用して100mメッシュの建物の総床面積を算出し、e-Statの500mメッシュ人口を床面積に応じて按分することにより、100mメッシュ人口を推計してみます。
使用するツールは、もちろんQGISです。
続きを読む

メディア掲載のお知らせ

2015年1月3日
合同会社 緑IT事務所

メディア記事掲載のお知らせ

朝日インタラクティブ株式会社が運営する情報サイト「CNET Japan」の1月2日付け『Androidアプリレビュー』にて、当社が開発しGoogle Playで無償配布するアプリ「ここペディア」が紹介されたことをお知らせ致します。

※Androidアプリの配布は終了し、「ここペディア」はWebサイトとして公開しています。
http://kokopedia.midoriit.com/

【本件に関するお問合せ】
合同会社 緑IT事務所
Mail: info@midoriit.com
URL: http://midoriit.com

WordPressプラグインの開発(11)


WordPress公式サイトで公開中の、投稿や固定ページにOpenStreetMapの地図を貼り付けるためのプラグイン、Embed OSMを少しだけ機能拡張し、ショートコード生成メタボックスとオプション設定画面で「現在位置を取得」できるようにします。
続きを読む

WordPressプラグインの開発(10)


ニュースリリースでお知らせしたとおり、WordPressの投稿や固定ページにOpenStreetMapの地図を貼り付けるためのプラグイン、Embed OSMWordPress公式サイトで公開しました。
そこで今回はシリーズ最終回として、WordPress公式サイトでプラグインを公開するためのノウハウについて記します。
続きを読む

WordPressプラグインの開発(9)


WordPressの投稿や固定ページにOpenStreetMapの地図を貼り付けるためのプラグイン、Embed OSMバージョン0.6以降では、ショートコード生成用のメタボックス内の地図をドラッグして座標を選択することができます。しかし、ショートコードを生成するためにボタンをクリックする必要があり、少し面倒でした。
そこで今回は、地図をドラッグまたはズームしたら、ボタンをクリックしなくてもすぐにショートコードが更新されるようにします。
続きを読む