地理空間情報」カテゴリーアーカイブ

江戸時代後期2Kmメッシュ民家数の作成


江戸時代後期の武蔵国と相模国の民家数を2Kmメッシュでビジュアライズした「江戸時代後期2Kmメッシュ民家数」を作成してCARTOで公開しました。

そこで、データの作成からCARTOによるビジュアライゼーションまで解説します。

続きを読む

CartoDBの活用(1)


オンラインのWebマッピングサービスCartoDBCARTOと名前が変わりました)は、豊富な機能と多彩な表現力で人気急上昇中です。データベースとしてPostGISを採用していることも、様々な応用の可能性の源泉になっています。
今回は、CARTOのデータベース機能を少しだけ「つまみ食い」します。
続きを読む

PDF Mapsの活用(1)


PDF Mapsはオフラインの地図アプリです。アプリ内のマップストアで地図を購入できるほか、自分で作成したGeoTIFFやGeospatial PDF形式の地図ファイルを利用することもできます。PDF MapsにはAndroid版とiOS版がありますが、ここではAndroid版を例に紹介します。
続きを読む

QGISによるデータ分析(9)

新編武蔵風土記稿のデータ分析

江戸時代後期に編纂された地誌『新編武蔵風土記稿』に記載された3,000を越える村々の位置を比定したデータが公開されています。
新編武蔵風土記稿・村名データ http://linkdata.org/work/rdf1s4025i
今回は、このデータをQGISで分析します。
続きを読む