地域情報化」カテゴリーアーカイブ

ウィキデータを用いた石造物リストの作成


石造物3Dアーカイブプロジェクトでは、石造物のデータをウィキデータに入力しています。その際、石造物の大きさに関するデータ等は、市町村が発行した石造物調査報告書の類を参考にしています。
石造物調査報告書の多くはパソコンやインターネットが普及する前に作成されており、残念ながらデジタルデータとしては存在しません。そこで印刷物を見ながらの手入力となりますが仕方ありません。
しかし現在では、まず初めにデジタル的にデータベースを作成し、それを用いて印刷物を作成するというデジタルファーストな方法も可能だと思います。データベースをオープンデータとして公開すれば、印刷物と違って最新情報へと更新し続けることもできます。
そこで、Proof of Conceptのために、ウィキデータに入力されたデータを用いて横浜市の石造物のリストを作成してみました。
続きを読む

アーバンデータチャレンジ2019入賞のお知らせ

2020年3月14日
合同会社 緑IT事務所

アーバンデータチャレンジ2019入賞のお知らせ

アーバンデータチャレンジ2019において、当社代表 小池隆が参画する石造物3Dアーカイブプロジェクトの作品「石造物3Dアーカイブ」が金賞を受賞したことをお知らせ致します。

アーバンデータチャレンジ2019審査結果

【本件に関するお問合せ】
合同会社 緑IT事務所
Mail:
URL: https://midoriit.com

学会発表のお知らせ


2020年2月1日(土)に佐賀大学で開催された人文科学とコンピュータ研究会発表会において、「石造物3Dアーカイブプロジェクト ―その手法と可能性―」と題して国学院大学の篠田浩輔氏との連名で発表しました。プレゼン資料はSlideShareで、論文は情報学広場(非会員は有料)でご覧いただけます。

ウィキペディアの記事に3Dモデルを使う

Wikimedia Advent Calendar 2019 | 2日目

今年の夏からフォトグラメトリ(SfM/MVS)という技術を用いて作成した石造物の3DモデルをWikimedia Commonsで公開しており、その一部についてはウィキペディアの記事でも利用しています。
3Dモデルの作成方法についてはこれまでも本ブログの連載に書いてきたので、今回は、ウィキペディアの記事に3Dモデルを使うことの意義について考えてみたいと思います。
続きを読む