ウィキデータの編集

今回は、ウィキペディア街道プロジェクトで作成した記事「大林寺 (横浜市)」に対応するデータをウィキデータに入力します。

はじめにウィキデータ内を検索して、横浜市にある大林寺の項目が存在しないことを確認します。ウィキペディアの記事名とは異なり、ウィキデータのラベルは重複を許しています。大林寺という名前の寺院は各地にあるため、大林寺というラベルの付いたデータ項目はウィキデータに複数存在しています。

横浜市の大林寺はまだ項目が存在しないことが確認できたので、新規作成することにします。

左側にあるメニューから「項目の新規作成」をクリックし、新規作成のページを表示します。「言語」は「日本語 (ja)」を選択し、「ラベル」と「説明」を入力して[作成]ボタンをクリックします。

Q40087216」という識別子の項目が作成されました。次に、データ項目とウィキペディアの記事との対応付けをします。「ウィキペディア(0 エントリ)」の右にある「編集」をクリックし、「ja」と「大林寺 (横浜市)」を入力して「保存」をクリックします。

数分後には、ウィキペディアの記事「大林寺 (横浜市)」の左側のメニューに「ウィキデータ項目」が追加され、このデータ項目にリンクされました。

次に、このデータ項目が仏教寺院であることを表す文を追加します。「文」見出しの下の「追加」リンクをクリックし、プロパティに「P31」、値に「Q5393308」を入力して「保存」をクリックします。プロパティや値の欄に識別子を入力すると、ラベルで表示されます。

寺院の本尊や神社の祭神は、情報として重要です。ウィキデータでは、本尊も祭神も「献呈先 (P825)」というプロパティで示すようです。試しに、ウィキデータ・クエリを用いて

SELECT DISTINCT ?sLabel ?oLabel WHERE {
  ?s wdt:P825 ?o.
  ?s wdt:P17 wd:Q17.
  SERVICE wikibase:label { 
    bd:serviceParam wikibase:language "ja, en".
  }
}

というクエリを実行すると、日本の寺社とその本尊/祭神との組み合わせを取得して確認することができます。

その他の文として、「画像」「国」「位置する行政区画」「位置座標」「コモンズのカテゴリ」を入力してみました。

ウィキデータ入門 123