車載カメラとAIによる路傍の石造物調査記録

このページでは、車内に設置したカメラで撮影した車窓風景から YOLO(No.21からはYOLOv5、No.20まではDarknet YOLO)を用いて石造物を検出した結果の動画を紹介します。ゆっくりと再生されるように、実際には60FPSの動画を10FPSに設定しています。各動画には、AIが何かを検出した前後の15フレームも含めています。
AIによる検出対象は少しずつ増やしており、現在は

  • 石造物(石塔・石碑)
  • 石灯籠
  • 地蔵菩薩の像
  • 如意輪観音の像
  • 月待塔(廿三夜塔など)の「夜」の文字
  • 庚申塔の「庚申」の文字
  • 道祖神塔の「道祖」の文字
  • 馬頭観音塔の「馬頭」の文字

です。
手法について「車載カメラによる動画からYOLOで石造物検出」で簡単に解説しています。
地図上で見ることもできます(このページより地図の方が多くのデータを掲載しています)。

No.36
2021.1.8
神奈川県横浜市旭区万騎が原
35.457925, 139.531594
庚申塔?


逆光によるフレア・ゴーストが酷くて途中までしか検出されませんでしたが、2021年最初の検出例です。住宅街の中にありますが、この道は江戸時代からある古い道(相州道)のようです。

2021.1.11 再訪して3Dモデルを作成しました。

No.35
2020.12.25
東京都町田市相原町 圓林寺
35.607678, 139.301325
地蔵、石灯籠


新たに石灯籠を検出できるようになりました。

No.34
2020.12.22
埼玉県日高市田木
35.873715, 139.379427
地蔵ほか


地蔵のほかにも何か石造物らしき物体がありますが検出されませんでした。

No.33
2020.12.14
神奈川県相模原市緑区太井
35.586289, 139.280985
三界萬霊塔、道祖神塔ほか


ブレがひどく、小さい石造物は検出されませんでした。

No.32
2020.12.7
神奈川県相模原市緑区与瀬
35.620178, 139.177052
馬頭観音塔


2020.12.15 「馬頭」の文字を検出できるようになったので差し替えました。

No.31
2020.12.7
山梨県上野原市上野原
35.636904, 139.106612
庚申塔


庚申塔の「申」の字が見えませんが、「庚申」と検出されました。

No.30
2020.12.7
山梨県上野原市棡原
35.652879, 139.096153
馬頭観音塔


2020.12.15 「馬頭」の文字を検出できるようになったので差し替えました。

No.29
2020.12.4
神奈川県海老名市国分南
35.451586, 139.396900
道祖神


最後に1フレームだけ、「道祖」の文字を検出できました。

No.28
2020.12.4
神奈川県海老名市下今泉
35.469052, 139.388796
地蔵


暗い覆屋の中の地蔵を検出することができました。

No.27
2020.12.4
神奈川県相模原市南区磯部
35.505691, 139.388061
庚申塔


日陰で文字が読めませんが庚申塔です。

No.26
2020.12.3
神奈川県相模原市緑区長竹
35.553044, 139.262906
清正光大菩薩

No.25
2020.12.3
神奈川県相模原市緑区三ケ木
35.582965, 139.230081
道祖神


ひどくブレていますが、1フレームだけ「道祖」の文字を検出できています。

No.24
2020.11.26
神奈川県座間市座間
35.486625, 139.391407
庚申塔ほか


不安定ですが「庚申」の文字も検出されています。

No.23
2020.11.26
神奈川県相模原市南区磯部
35.510613, 139.385378
庚申塔、馬頭観音ほか

2020.11.29 左端の庚申塔の3Dモデルを作成しました。

No.22
2020.11.26
神奈川県相模原市中央区上溝
35.537941, 139.368690
庚申塔?、地神塔ほか

No.21
2020.11.26
神奈川県相模原市中央区上溝
35.542433, 139.365221
道標、庚申塔ほか


今回からは、YOLOv5を使用しています。

> No.20~No.1

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス