車載カメラとAIによる路傍の石造物調査

このページでは、車内に設置したカメラで撮影した車窓風景から、深層学習(ディープラーニング)のフレームワークYOLO(No.21からはYOLOv5、No.20まではDarknet YOLO)を用いて石造物を検出した結果の動画を紹介します。ゆっくりと再生されるように、実際には60FPSの動画を10FPSに設定しています。各動画には、AIが何かを検出した前後の15フレームも含めています。
AIによる検出対象は少しずつ増やしており、現在は

  • 石造物(石塔・石碑)
  • 石灯籠
  • 石祠
  • 五輪塔
  • 地蔵菩薩の像
  • 如意輪観音の像
  • 月待塔(廿三夜塔など)の「夜」の文字
  • 庚申塔の「庚申」の文字
  • 道祖神塔の「道祖」の文字
  • 馬頭観音塔の「馬頭」の文字
  • 甲子塔の「甲子」の文字
  • 地神塔の「地神」の文字
  • 念仏塔などの「念佛」の文字

です。
手法について「車載カメラによる動画からYOLOで石造物検出」で簡単に解説しています。
地図上で見ることもできます(このページより地図の方が多くのデータを掲載しています)。

No.44
2021.3.17
長野県伊那市高遠町山室
35.845560, 138.099935
庚申塔、甲子塔


「甲子」の初検出です。

No.43
2021.3.10
埼玉県比企郡ときがわ町瀬戸元上
35.995219,139.272979
石祠


あまり古いものではなさそうですが、石祠検出の2例目です。

No.42
2021.3.4
埼玉県比企郡ときがわ町五明
36.017710, 139.272795
石祠


石祠の初検出例です。最初のフレームから既に枝の陰に写っており、すぐに見えなくなってしまいます。

No.41
2021.2.24
埼玉県比企郡ときがわ町玉川 石材店
36.006914, 139.304248
五輪塔


石材店の店頭ではありますが、新たに検出可能になった五輪塔の初検出例です。

> No.40~No.21

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス